ジャスティン若手社員

2019.09.20

頑張れば報われる環境で
チャレンジし続けたい

PROFILE

2014年入社/本社営業部所属
川之江高校卒/四国中央市出身/1995年6月生まれ

越智 風太さん

学生時代に打ち込んできたことは。

身体を動かすことが好きで、中学・高校とテニスをやってきました。今も週4日はプレーしています。テニスは頭脳戦と一般的には言われていますが、私はあまり考えずに来た球を返します。無心でプレーすることでリフレッシュできます。

テニスは個人競技ですが、競技人口が多く年齢層も幅広いので自然と人との関わりが多くなります。小さい頃は人見知りでしたが、テニスを通じ人と話すのが好きになりました。これは、人の関わりが大切な会社においてもとても役立っていることだと感じています。

ジャスティンを選んだ理由は。

就職先を探す際、当社の工場を見学に来ました。加工機などを見た時には正直、ピンと来ませんでした(笑)。ただ、先輩たちが「いらっしゃいませ」と元気な声で温かく迎えてくれて、自分を受け入れてくれる気がしました。

それから種田社長がとにかく良かった。それまで私の中の会社の偉い人は怖いというイメージでしたが、種田社長はエネルギッシュで元気があり、私の話も良く聞いてくださって、この会社で働きたいと思うようになりました。

ジャスティン若手社員

これまでやってきた仕事を教えてください。

入社して4年間は製造部門で、パッキン・ガスケットの加工を行ってきました。主に、CADで作成した図面を使ったウォータージェット加工機のオペレーターを担当していました。超高圧の水を刃物代わりにしてゴムやスポンジなどを図面通りの形にします。金型を使った加工と違い、細かい加工ができ少量生産に向いています。厚みがある素材や試作品のほか、配管が漏れているなどの緊急時の加工にも活躍します。

営業からの材質や厚み、納期などが書かれた指示書を基に作業をしますが、品質を保持しながらいかに効率的に加工するかということに最も気を配りました。

ジャスティン若手社員の職場の様子

失敗はありませんでしたか。

たくさんしました。ですが、失敗する度に先輩が丁寧に教えてくれるので、その都度改善することができました。

今は営業部ですが、異動のきっかけは。

製造部では取引先への納品業務も行っていました。会社の外へ出て、お客様と話をするうちに営業職に興味が出てきました。ちょうどその頃、役員の方から「営業をやってみないか」と声を掛けていただいてすぐに引き受けました。

後から聞いた話ですが、納品先の方から元気な社員がいると良い評価をいただいたからだそうです。あいさつをしっかりすることを第一にしていたので、そこを見ていてくれたのは素直にうれしいですね。

ジャスティン若手社員

営業部ではどんな仕事をしていますか。

2018年の7月から配属され、今は主に建機メーカーや農機メーカーなどを担当しています。機器に使うパッキン・ガスケットの加工販売と、一部卸売を行っています。

配属されて1年くらい経ちましたが商品知識がまだまだありません。言葉遣いも先輩に指導してもらいながら改善中です。大変ですが楽しいです。

ジャスティン若手社員の職場の様子

働く上で気を付けていることは。

どんな時も明るく元気にいようと思っています。そうしたおかげもあり、お客様とも打ち解けられるようになり、求めていることも少しずつ分かってきました。今までは要望をしっかり聞いたり、分からないことをうやむやにせず、後で調べてでもしっかりと答えるように気を付けていました。これからはこちらから提案できるようになりたいですね。そのためにも、もっと勉強しないといけませんが。

勉強方法を教えてください。

まずはメーカーのカタログを見ます。それから上司にはわからないことはどんどん先輩に聞くように言われているので、遠慮なく聞いています(笑)。忙しい時も丁寧に教えてくれるのでとても助かっています。あとはチャンスがあれば、お客様のところへ行き、どのように使われているか実際に見せてもらい知識を深めています。

ジャスティン若手社員の職場の様子

これまでの仕事で印象に残っていることは。

新規の営業で高額受注を獲得したことです。直接足を運び、話を良く聞くことに気を配りました。上司もサポートしてくれて受注できたのですが、社長や会長も自分のことのように喜んでくれてうれしかったです。

率直に、社会人になってどうですか。

楽しいです。好きなことが学生の時より自由にできるようになりました。特に金銭面ですかね(笑)。テニスラケットを買うのも学生の時は一苦労でしたから。初任給でラケットも買いました。ただ、自分のことだけに使うのもいけないので、初ボーナスで家族を食事に連れて行きました。

あとは、色々な立場や年代の人と関われるのが社会人の良いところだと思います。目上の人への礼儀や気配りを身に付けるのは大変ですけど。

会社の良いところは。

先ほども言いましたが、相談しやすい雰囲気が良いところです。取り扱う商材は1万点以上あり、先輩でも得手不得手があるそうです。商材ごとにスペシャリストがいて、先輩たちも相談し合っている姿を見ると自分も質問しても大丈夫なんだという気持ちにさせてくれます。

それから上司や周りの人たちがちゃんと見てくれて評価してくれることや、やる気があればチャレンジさせてくれる社風が良いところだと思います。私は高卒入社でずっと製造部門で働くものだと思っていたので、営業になれるだなんて思いもしませんでした。頑張れば報われる、そんな環境だと思います。

ジャスティン若手社員の職場の様子

今後の目標を聞かせてください。

まずは商品知識を身に付けること。今は色々なものに興味を持って勉強しています。そこから得意分野を見つけて、何かのスペシャリストになりたいです。後輩ができたら、自分が今してもらっているように自分の持っている知識を後輩に伝えていきたいです。そして後輩の成功を自分のことのように喜べる先輩になりたいです。

就活をしている学生にアドバイスを。

私は工場見学をした時の会社の印象が良く、当社に決めました。入ってみると印象通りの会社でした。皆さんもインターンシップなどで会社の雰囲気や人間関係などを見極めてください。

ジャスティン若手社員

ジャスティンに向いている人は。

明るく活発で向上心のある人です。業界や職種の経験がなくても先輩がしっかりと教えてくれるのでやる気があれば必ず成長できると思います。

 

企業DATA

ジャスティン株式会社

http://justin.jp

本社
愛媛県四国中央市川之江町3125-3
TEL
0896-58-4455
設立
1960年3月11日
従業員数
100名
代表者
代表取締役 種田 宗司
事業内容
工業用品の設計・製造及び施工・販売
新卒採用実績
2016年度 2人/2017年度 2人/2018年度 5人/2019年度 1人

関連記事

この企業に関連する記事のご紹介です。

この会社のウェブサイト この会社の採用情報

他の企業を探す

ページトップへ