興安計装中堅社員

2019.12.23

設備の安定稼働を支える
「工場のお医者さん」 

PROFILE

1992年入社/計装技術サービス部門長
愛媛県出身/1974年5月生まれ

桑田 孝文さん

まず「計装技術サービス」とはどんなサービスですか。

石油化学メーカーなどお客様のプラントが正常に稼働するよう温度や圧力、流量などについて監視や制御、点検をするサービスです。異常が発生した場合はすみやかに機器の修理や交換を行います。また、プラントの製造品目が変更される際は、それに応じて監視機器や制御機器を変更・調整したり、プラントが新設・増設される時には設備計画の提案・施工も行います。

現在、計装技術サービス部門長ということは他の事業所も見ているのですね。

そうです。普段は岩国にいることが多いですが、松山事業所、新居浜事業所も管轄しています。計装技術サービス部門全体の人数は22人です。

桑田さんが興安計装に入社されたきっかけは。

松山で仕事を探していた時、ある工場に勤める知り合いがいて、その人が当社と仕事でお付き合いがあった関係で、紹介してもらいました。

計装に関する仕事を経験されていたわけではないのですね。

はい。私は体が丈夫でなかったものですから、総務とか経理とかデスクワークを希望していたのですが、何をするにしても現場が分からなければ、ということで、現在の計装技術サービス部門に配属になり、1週間の研修の後、現場に出ました。お客様の工場でセンサーやバルブなどの計装機器のメンテナンスの仕事をしました。

専門知識も必要かと思いますが、どうやって仕事を覚えたのですか。

先輩たちの仕事を見て覚えたり、分からないことは教えてもらったりしました。最初は工具の名前すら分からず、よく先輩から叱られましたが、私は負けず嫌いな性格のため、必死でメモを取りながら仕事を覚え、3ヵ月ほどで作業長になれたときはうれしかったことを覚えています。

その後新居浜に移られたのですね。

はい。松山で7~8年勤務した後、新居浜事業所配属になりました。新居浜事業所では、あるお客様のプラントの一部においてゾーン保守契約を結んでいました。これはメンテナンスだけでなく、日常保全も含めて管理を一括で引き受けるものです。私には初めてのことでしたので不安もありましたが、エンジニアとしてはとても新鮮で楽しかった思い出があります。

現在の岩国事業所にはいつから。

2014年10月、岩国事業所の新規立ち上げに伴い着任しました。岩国事業所は、あるお客様構内にあり、そのプラントのメンテナンスもしていますが、今は、周辺の企業にも新規営業を掛けて、業務を拡大しております。

興安計装_岩国事業所

新居浜オフィス

管理職としての桑田さんの仕事の内容を教えてください。

まずは部門の事業計画を立てて実行することです。営業活動もしています。あとは管理職の後継者を育成することです。さらには人事・労務管理です。

採用については。

採用面接も担当します。当社は私のいる計装技術サービス部門と、ICT技術サービス部門、ヘルスケア技術サービス部門の3部門に分かれますが、それぞれ仕事の内容が異なるため、各部門の責任者が直接面接を行っています。

計装技術サービス部門はどんな採用をしているのですか。

新卒については専門学校以上、機械科の学校・学科の生徒さんを中心に募集しています。中途は新居浜と岩国でそれぞれ経験者・未経験者を募集しています。昨今の人材不足で難しいところもありますが、即戦力となる経験者も積極的に募集しています。

入社後の研修制度について教えてください。

入社すると最初に、東京支社で2週間のビジネスマナーを始めとした座学研修があります。続いて、計装部門では約1ヵ月、座学と実習による基礎研修を受けます。配属先でも1年間は毎週OJTのレポートを提出してもらいます。レポートは私もすべて読み、必要に応じて個別フォローをしています。レポートを書くということは、頭の中で整理する必要がありますし、分からないことは先輩に聞かなければいけませんので、仕事を覚える上で非常に効果的です。2年目、3年目にもフォローアップがあり、役員や現場責任者に自分の業務状況・成果を伝える場があります。

プラントを止めてはならないとすると、エンジニアは当番制勤務ですか。

いいえ。週休2日で、基本的には土曜・日曜・祝日が休みです。お客様が週末に定期メンテナンスをされる場合などは出勤する必要があり、またトラブル時には夜間・休日であってもリーダークラスが緊急出動することもあります。もちろん、休日出勤した分は代休を取得します。ちなみに、新居浜事業所では、繁忙期は1日の勤務時間を長くし、その分閑散期は1日の勤務時間を短くするといった、柔軟な働き方も最近採り入れました。また、入社初日から、有休が付与されるなど、働きやすくなるよう社内規則の改善もすすめています。

そうした制度以外に、桑田さんから見て貴社の良いところは何でしょうか。

まず計装メンテナンスという仕事は、工場を止めてはいけないというプレッシャーはありますが、トラブルを解決してお客様に感謝していただけると大きな達成感を味わうことができます。私たちは「工場のお医者さん」であるとの自負があります。

自分たちが携わったプラントが目の前で稼働しているのを見られるというのも、この仕事のやりがいの一つです。

また、学歴や性別に関係なく評価されるシステムも挙げられます。技術職の場合、成果は数字に表れにくいものですので、プロセスをきちんと評価します。私は計装技術サービス部門の責任者として、部下の頑張りや取り組みを知ってもらえるよう、会議の場でその頑張りなどを伝えています。

加えて、「どうせ仕事をするなら楽しくしよう」というのが私のモットーで、明るい職場づくりに努めています。実際、プライベートもオープンに話せるような風通しの良い環境です。

興安計装社員のオフ

レクリエーションの一コマ

女性エンジニアも活躍されていますか。

新居浜に一人います。責任感が強く、丁寧な仕事をしてくれます。新居浜事業所は、女性が快適に勤務できるよう環境も整えましたので、女性エンジニアも積極的に採用しています。大歓迎です。

貴社に向いているのはどんな人でしょうか。

素直さとやる気が重要だと思います。その点は面接をすればある程度分かります。また、これはあくまでも私の主観ですが、学生時代にスポーツや部活など何かに打ち込んでいた人は、根性があるような気がします。

ぜひ、当社で楽しい社会人生活を一緒に過ごしませんか!

興安計装職場の様子

岩国事業所のメンバーと

 

企業DATA

興安計装株式会社

https://www.koan.co.jp/

本社
愛媛県松山市南吉田町2798-36
TEL
03-5295-8802(東京・採用担当)
設立
1960年
従業員数
221名
代表者
代表取締役社長 田中 康晴
事業内容
情報通信サービス業
新卒採用実績
2016年度9人/2017年度7人/2018年度4人/2019年度3人

関連記事

この企業に関連する記事のご紹介です。

この会社のウェブサイト この会社の採用情報

他の企業を探す

ページトップへ