2018.10.19

介護福祉士は私の〝天職〟
笑顔を絶やさずポジティブに

PROFILE

2004年3月入職/介護福祉部
東雲短期大学福祉科卒/松山市出身/1984年9月生まれ

鵜久森 あやさん

まず鵜久森さんのお仕事を教えて下さい。

私は「介護福祉士」として、病棟に入院されている方々のお世話をしています。ご高齢の方が多いですね。南高井病院には病棟のみだと80人、在宅を入れると130人ほどの介護福祉士の職員が在籍しています。

なぜこの仕事を選ばれたのですか。

私は松山市内の出身で、東温高校卒業後、東雲短期大学の福祉科に進みました。高校時代、部活の先生に進路を相談したところ、「君は福祉の世界が向いている」というアドバイスをいただき、同短大の福祉科に進学しました。短大で福祉を勉強して、その奥の深さを学びました。そして、ゼミの先生に就職について相談し、南高井病院に入職しました。なんといっても「私は福祉の仕事に向いている」と強く思っています。
私は小さい頃に両親が共働きで、祖父母と一緒にいることが多く、おばあちゃん子でおじいちゃん子でした。その祖母が認知症になり、この病院にお世話になっていました。病院に来ると、スタッフも明るく雰囲気も良かったことを覚えています。また、同じ介護福祉士として働く上で、福祉施設よりも病院の方が医療分野の知識も学べるんじゃないかと考え、この病院を選んだのです。


入職して何年になりますか。

入職が2004年3月で、14年目になります。(インタビュー翌日が誕生日で)明日、34歳になりますよ(笑)。

具体的に仕事内容をご説明下さい。

入院患者様の日常のお世話全般で、おむつ交換から入浴介助、シーツ交換、お食事のお世話、トイレの誘導、車いすの手助けなど様々なお世話を行います。現在、患者様が約60人おられ、看護職を含めて7~8人の職員がチームを組む形で対応しています。

仕事はなかなか大変じゃないですか。

いえいえ、仕事は楽しいですよ(笑)。大変とは思いません。入職する前はご高齢の方の介護をするのは私にできるかなとか、やや抵抗もありましたが、実際に仕事をしてみると、そうじゃないことがよく分かりました。例えば、便がなかなか出ない患者様の便が出た時などは、「出た、出た。すっきりしたね」と自分のことのように嬉しいですよ(笑)。汚いとか嫌だなんて気持ちは全然ありません。また、日常の介護活動を通じ患者様から学ばせていただくことが沢山あり、経験を重ねるごとに知識も増えていきます。この仕事はやりがいがありますよ。本当に奥が深いなあと思います。

仕事は夜勤もあるのですか。

私は殆どが日勤で、朝8時半から夕方5時半が勤務時間です。実は私には3歳の男の子と1歳の女の子がいます。子供がいるように見えなくて若いですか(笑)。それで今年4月まで延長を含めて1年と4か月間、育児休暇を取らせていただいていたのです。育児休暇制度がこの病院にあり、助かりました。有難いですね。

職場に復帰する時、不安はなかったですか。

復職する時は大丈夫かなと正直不安な気持ちがありましたが、復職して配属された部署が以前働いていた部署であり、ブランクなく働けました。できるだけ働き易いようにという病院側の配慮があったと思います。感謝しています。精神的な面の配慮も嬉しかったですね。また、昔の仲間も「お帰り」と温かく迎え入れてくれて助けてくれました。

仕事観はいかがでしょうか。

仕事というものは、どう楽しくできるかが大事だと思います。仕事にはプラス面だけでなくマイナスなこともあります。そんなマイナスな場面にぶち当たった時、そのマイナス材料をいかにプラスに変えて自分を前向きにし、楽しくするかだと思います。私はどんな時もプラス指向です(笑)。根っからポジティブなんですよ(笑)。 かつて担当していた患者さんが亡くなって、身内以外で死というものを目の当たりにしたことが私はなかったので、正直怖いと落ち込んだりしたことがありました。でも、先輩から「この患者様はあなたの出勤時間に亡くなった。あなたに見送って欲しかったんだと思うよ」と言われ、気持ちが楽になりましたね。それからこの仕事をしているからには、何事もプラス指向でいこうと思いましたね。

これからどのような介護福祉士をめざしますか。

患者様だけでなく職員や同僚からも、みんなから信頼される介護福祉士をめざします。「あの子に任しておけば大丈夫」と信頼される介護福祉士です。そのためには多くの方々とのコミュニケーションを大切にし、患者様のアセスメントを適切に行い、患者様の体調や気持ちの情報を汲み取り、共有し、色々と考えながら仕事をしていきたいですね。


休みの日はどのように過ごされますか。

子供2人がまだ小さいので、子供と遊ぶことが一番ですね。この夏はプールに連れて行ったり、岡山のおもちゃ王国や神戸の姫路セントラルパークにも行きました。楽しかったですよ。自宅では私たち夫婦と子供2人に私の父と母も同居しており、とても賑やかです。母には子供の面倒も見てもらっており、感謝しています。

インタビュー中も常に笑顔を絶やさず、元気一杯ですね。

はい、いつも元気でニコニコです(笑)、否定しませんよ(笑)。私は小学生の時から短大までずっとバレーボールをしていました。だから身体も丈夫で元気なんです。ポジションはセッターで、ずっとキャプテンでした。中学時代は県の優秀選手に選ばれたんですよ。この元気さと笑顔でこれからも頑張ります。

企業DATA

医療法人 天真会 南高井病院

http://www.tensinkai.or.jp/

本社
愛媛県松山市南高井町333
TEL
089-976-7777
設立
1979年
従業員数
530名
代表者
理事長 清水 惠太
事業内容
医療業
新卒採用実績
2016年度 1人/2017年度 2人/2018年度 2人

関連記事

この企業に関連する記事のご紹介です。

この会社のウェブサイト この会社の採用情報

他の企業を探す

ページトップへ