2019.02.08

採用方針は「人物本位」
アットホームな職場環境が特徴

PROFILE

・大石さん
1996年入社/人事部課長
愛媛県松山市出身/1973年8月生まれ
・二宮さん
2017年入社/人事部
愛媛県松山市出身/1994年8月生まれ

二宮ひかるさん、大石忍さん

今日は大石課長と二宮さんのお二人にお話しをうかがいますが、人事部は全員で何人いらっしゃるのですか。

(大石)取締役人事部長の下に私と二宮を含め6人、計7人体制です。

最近の採用実績と次年度の採用計画を教えてください。

(二宮)2018年春は大卒が3人、専門学校卒が1人、高卒が8人の計12人でした。そのうち女性が大卒1人、専門学校卒1人、高卒1人の計3人です。
 2019年春は大卒が3人、専門学校卒が5人、高卒が17人の計25人です。そのうち女性は大卒が1人、専門学校卒が1人、高卒が4人の計6人です。高卒は5~10人採れればと思っていたのですが、予想外に多くの応募がありました。
 2020年春は2019年春と同程度の採用を予定しています。

募集は職種別ですか。

(二宮)はい。総合職と一般事務、システムエンジニア、ドライバーに分かれます。先程申し上げた人数はそれらの合計です。

新卒採用活動はどのような流れですか。

(大石)大卒・専門学校卒と高卒とで違いますので、まず大卒・専門学校卒について。2~3月までにナビサイトに情報をアップします。3月に合同就職説明会に参加して、以降5月頃まで単独の会社説明会を複数回開催します。並行して一次選考から三次選考までを実施し、早い人には6月に内定を出します。
 高卒の場合は6月に求人票を出して7月に学校訪問、8月に職場見学を実施して9月から選考が始まります。

大卒・専門学校卒の一次選考から三次選考まではどんな内容ですか。

(二宮)一次選考は適性検査です。二次選考は人事部面接で、三次選考は複数の役員による役員面接です。筆記試験はありません。

貴社の求める人物像を教えてください。

(二宮)「リーダーシップのある人 」「変化を読み取る能力、臨機応変な行動力のある人」「明るい対応ができることでは誰にも負けないという人 」「向上心がある人 」「段取り上手な人 」「言われる前に相手がしてほしいことを考えて行動できる人」などを求める人物像として掲げています。 加えてドライバーは車好きであってほしいですね。いろいろ挙げましたが、基本は「心身ともに健康である人」です。

学校での専攻や成績は採用にどの程度影響しますか。

(大石)あまり影響しません。当社では全職種において学部指定はありません。何よりも人物本位で選考します。かつては当社でも筆記試験があったのですが、面接でとても印象の良かった学生さんを、筆記試験の成績が理由で採用できなかったことがあり、その反省から筆記試験そのものをなくしました。

面接ではどういった点を見るのでしょうか。

(大石)人事部面接は、就職マニュアルに載っているようなやりとりにならないよう努めています。その学生さんの好きなこと、得意なことについて尋ね、詳しく聞いていきます。自分の好きなことに関して話すので、次第に緊張がほぐれ、本音が聞き出しやすくなります。面接後、学生さんが「しゃべりすぎたかな」と思うくらいに話が弾めば、こちらの狙いどおりです。また、仕事以外に大好きな趣味があるというのは大切なことだと思います。仕事では大変なこと、つらいこともありますが、週末に楽しいことが待っていると思えば、がんばれるのではないでしょうか。
 役員面接では主に、当社または運送業界に向いているかどうかを確認します。運送業界は学生さんには意外と理解されていないようですので、入社してから「思っていたのと違った」ということのないよう、当社の仕事の説明をしながら、向き不向きを見極めます。

内定から入社までの間には何かするのですか。

(二宮)内定者懇親会や先輩社員との交流会といったものがあります。また例年2月に役員との食事会も開いています。希望者のみですが3月には、引っ越しや荷物の仕分けなど簡単な仕事内容のアルバイトに来てもらっています。もちろん給料をお支払します。ちなみに会社と内定者との連絡にはLINEを利用しています。電話よりもレスポンスが速いので重宝しています。

内定辞退者もいるのでしょうか。

(大石)時期によっては内定を出すつもりの学生さんであっても、1ヵ月ほどの猶予期間を設け、他の会社さんも十分見てもらった上で再度意思確認をしてから内定とすることもあります。内定辞退率は世間一般よりはだいぶ低いと思います。

入社後は集合研修があるのですか。

(二宮)例年4月1日に名古屋で名古屋鉄道グループの合同入社式があり、それに出席します。700~800人くらい集まります。その後、愛知県内の研修センターで名鉄運輸グループの4泊5日の集合研修があります。100人程度が参加します。続いて当社の本社で3日間、四国名鉄運輸としての研修を受けます。管理職などが講師を務めます。

配属先はいつ決まるのでしょうか。

(大石)最終的には3月の初めです。転居を伴う者から早めに伝えていきます。

勤務地は本人の希望が通るものなのでしょうか。

(二宮)総合職の場合、本人の希望は聞きますが、会社が決めます。それ以外の職種は概ね採用地勤務です。ちなみに転居が必要な場合は会社が借り上げ社宅を用意して、家賃の一部を会社が負担します。

貴社は離職率も低いようですが、その秘訣は何ですか。

(大石)育成担当者制度と申しまして、1人の新入社員に対し管理職1人と先輩社員1人、合わせて2人の育成担当者が付き、指導します。月に1度の定期面談では仕事のことでも仕事以外のことでも何でも相談できるようにしています。また、面談時だけでなく日頃の声掛けを大切にしています。
 また当社の社長の方針が「従業員ファースト」であることが挙げられます。「従業員が幸せにならないと会社は成長しない」という考えのもと、様々な職場環境整備に取り組んでいます。例えば、トラックには最新の安全装備が導入されていますし、オフィス環境も常に改善しています。社員の制服もそうです。サービス残業は100%ありません。加えて、慰労会や永年勤続表彰、無事故ドライバーの研修旅行、資格取得支援など、社員の努力に報いようという様々な制度があります。
 もう一つは部門や職種、年齢に関係なく社員同士の仲が良いことです。就活生の会社見学ではトラックや倉庫の現場にもお連れするのですが、社員の仲の良さは、言葉で説明するよりも見ていただければすぐに分かってもらえると思います。また同期の連帯感が強いのも特徴です。新入社員研修で強まった同期の絆は後々まで続き、仕事をする上で役に立ちます。
 仕事だけでなく、プライベートでも会社の仲間と一緒に愛媛FCの試合を見に行ったり、愛媛マラソンに出場したりしています。居心地の良い会社であることはまちがいないと思います。

 

 

 

企業DATA

四国名鉄運輸株式会社

https://koguma.shikokumeitetsu.co.jp/

本社
愛媛県松山市空港通4-5-5
TEL
089-972-1231
設立
1942年3月
従業員数
725名
代表者
代表取締役社長 西蔭 洋
事業内容
貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、自動車整備事業
新卒採用実績
2016年度 8人/2017年度 15人/2018年度 12人

関連記事

この企業に関連する記事のご紹介です。

この会社のウェブサイト この会社の採用情報

他の企業を探す

ページトップへ