2018.08.31

「とてもやりがいのある仕事です。
若い人こそ飛び込んで来てください。」

PROFILE

2018年入社/サービス付き高齢者向け住宅「 ゆうゆう南江戸」勤務
聖陵高校卒/愛媛県松山市出身/1999年8月生まれ

福島 快人さん

福島さんの現在の仕事を教えてください。

介護です。この「サービス付き高齢者向け住宅 ゆうゆう南江戸」で利用者様の介護業務を行っています。現在入居されている方は全部で28人で、ケアスタッフが常駐しており、ほぼ満室となっています。

いつ頃から介護の仕事に就こうと考えていたのですか。

高校は聖陵高校の建築科でした。父親が建築関係の仕事をしているので、なんとなくその方向にと入学したのですが、高校2年生の時にこのゆうゆう南江戸でアルバイトをやり、『介護の仕事はいいなあ』と思ったんです。実は、このゆうゆう南江戸には母親が管理者兼サービス提供責任者として働いており、姉も介護の職員として働いています。そういう関係で高校を卒業するまで、学校が終わってからの時間とか休みの日にここで介護のアルバイトをしていました。そして、介護を自分の仕事にしようと、卒業に伴い今年4月から正職員になったのです。運営会社の(株)悠遊社の誕生が平成11年で、自分が生まれた年でもあり、強い縁も感じますね。建築の仕事については、正直もう未練はないです。

具体的に仕事内容を教えてください。

仕事のシフトは昼間の日勤と夜勤があり、僕は夜勤専門で、日勤は月に2回ほどしかありません。それは自分の希望です。夜勤の場合、20時から各部屋を巡回し、寝る前に薬を飲まれる方の投薬のお世話をして、22時頃にパット(おむつ)交換し、24時に全部の部屋を回って安否確認を行います。そして、早朝の4時に再びパット交換して、全員のバイタル(体温・脈拍・呼吸・血圧・意識)を測り確認して、着替えを手伝います。一連の業務が終わるのが朝6時で、7時前に出社する早出の職員さんに申し送りします。その間、ナースコールがあればもちろん対応します。この夜勤業務を1人で担当しています。

なかなかハードですし、パット交換などに抵抗はないですか。

最初は少し抵抗がありましたが、1~2日で慣れました。嫌なことは何もないですよ。陰部洗浄もしますし、食事介助や入浴介助もあります。でも、全然大変とは思わないです。この仕事が好きですね、僕は。

職場の雰囲気はいかがですか。

施設全体がスタッフも利用者様もみんなが家族のように過ごすことができる、楽しい空間になっています。母と姉がスタッフとして働いているし、僕の肉親2人も入居していることもあるでしょうが、ファミリーのような職場であり、アットホームです。スタッフは全部で13人おり、平均は37歳ですが、最年少の僕の他、20代が5人と若手が働き易い職場です。
ここではレクリエーションを週2回行っており、利用者様も楽しんでおられます。これからはそのレクリエーション活動で料理作りを率先してやってみたいですね。メニューは、そうですね、最初はカレーで決まりです(笑)。

辛いと思うことはないですか。

とくにはないですね。高齢者のお世話をすることは好きですし、とてもやりがいがあります。ただ、朝の1人1人のバイタルチェックは結構大変で、その間にパット交換もありますから、しゃんしゃんとしないといけません(笑)。しんどいと思うことはそれくらいです。あとは辛いとか、嫌だとかいうことは何もないですよ。

最年少ならではのプレッシャーはないですか。

確かに僕は今18歳なので周りや利用者様から若いと言われます。てきぱきとした仕事の速さが要求されるし、僕もそれを追求します。正直、若いからできるという部分はあるでしょうが、それは変に意識はしていません。(そのようなインタビューの最中、先輩スタッフから「若いということは素晴らしいです。もの覚えがいいし、スポンジのようにすぐに吸収します。若いエネルギーがあります。高齢者の方も若者が好きですしね(笑)」と、福島さんを高く評価する指摘がしきりに聞かれた)

正職員になりまだ5ヵ月ほどですが、これからの目標は。

仕事をする以上、上を目指したいです。今のポジションに止まるつもりはないです。これからは日勤も増えるでしょうし、色々な経験を積んで、運営会社の悠遊社が展開しているサービス付き高齢者向け住宅やグループホームなど、どんな介護施設でも十分に仕事がこなせて通用できるようになりたいです。そして、もっともっと責任感のある立場について、この介護の仕事を高めたいと考えています。僕は介護の仕事を全うするつもりです。

これから介護の仕事を目指そうと考えている後輩に何かアドバイスはありますか。

高齢者の方の介護という仕事は、最初抵抗感があるでしょうが、慣れれば何でもないですよ。向き不向きなんて関係ないです、自分の気持ちです。まずは最初に気持ちが大事です。そして、この世界に入って悩んだり辛いと思うことがあれば、職場に相談できる身近な先輩がいるといいですね。僕たちの仲間になって、自分の可能性を試してみませんか。

仕事を離れたオフのお話を聞かせてください。

1ヵ月のうち休みは9日あります。以前は色々な趣味を楽しんでいましたが、今は休みの日は自動車教習所に通っており、その他は友人とドライブしたり自宅でゲームを楽しんでいます。現在、恋人募集中です(笑)。ただ、夜勤などの時間の兼ね合いですれ違うこともあるんですよ。でも、今僕は仕事とプライベートのバランスは取れていると思いますよ。充実しています。貯金も会社の天引きでちゃんとしていますよ(笑)。

入社から現在までの働き方

〜入社

●アルバイトでの実務経験

母が勤務していることもあり、高校2年生から卒業するまで、学校帰りに当施設でアルバイトをしていました。そうした中で、介護の基礎を学び魅力を知ることで、当社で働きたいと思うようになりました。

入社~現在

●夜勤業務

自ら希望し、夜勤専門で働いています。20時から24時の間に部屋の巡回、投薬、パットの交換、安否確認を行います。朝に再びパット交換をし、バイタル(体温・脈拍・呼吸・血圧・意識)の測定と更衣介助をします。その間のナースコールの対応なども僕の仕事です。

企業DATA

株式会社悠遊社

http://www.yuyusya.co.jp/

本社
愛媛県松山市余戸南二丁目24-38
TEL
089-965-1990
設立
1999年12月
従業員数
500名
代表者
代表取締役 寺河 駿
事業内容
介護保険法、障害者自立支援法に関する各種事業の運営
新卒採用実績
2016年度 2人/2017年度 4人/2018年度 2人

関連記事

この企業に関連する記事のご紹介です。

この会社のウェブサイト この会社の採用情報

他の企業を探す

ページトップへ