企業認定マーク図鑑タイトル

2020.03.23

就活コラム

企業認定マーク図鑑

〈「愛媛シゴト図鑑BOOK 2019」より抜粋〉

企業のホームページなどで認定マークを見たことはありますか?
企業によっては、自社の「働きやすさ」「働きがい」を、広く認知してもらうために認証マークを取得しています。認証取得には具体的な計画や数値目標、実績などが必要になるので、企業を見る一つの判断材料になります。
マークに込められた意味を知って、企業研究の参考にしてみましょう。

 


 

01 えひめ仕事と家庭の両立応援企業認証制度

02 くるみん認定・プラチナくるみん認定

03 地域未来牽引企業



企業認定マーク図鑑_えひめ仕事と家庭の両立応援企業認証制度

■認証機関
 愛媛県

■制度内容
 仕事と育児や介護をはじめとする家庭生活が両立しやすい職場環境づくりに積極的に取り組む中小企業を、愛媛県が取組状況に応じて「えひめ仕事と家庭の両立応援企業認証制度」に基づき「えひめ仕事と家庭の両立応援企業」と「えひめ仕事と家庭の両立応援ゴールド企業」のいずれかに認証する。

■対象
 愛媛県内に本社又は主たる事業所を有し、常時雇用する労働者数が300人以下の企業等
(会社法人、社団法人、財団法人、医療法人、協同組合等。国及び地方公共団体を除く。)

■認証基準の一例
・育児・介護休業法の基準を満たす育児・介護休業、子の看護休暇、介護休暇、所定外・時間外労働の制限・短縮等の措置を就業規則等に規定していること。
・労働者の育児・介護の両立支援に対する代表者の取組姿勢をメッセージにより明らかにしていること。
・女性の育児休業等取得率が75%以上であること。(ゴールド企業)
・介護休業又は介護休暇取得者が1人以上いること。(ゴールド企業)

 


愛媛シゴト図鑑掲載認証取得企業
アート不動産イオタオーエーシステム四国建設機械販売フロントエンド


※詳細はこちらでご確認ください。(愛媛県HP えひめ仕事と家庭の両立応援企業認証制度のページが開きます)

 

企業認定マーク図鑑_くるみん認定・プラチナくるみん認定

■認証機関
 厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)

■制度内容
 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」としてくるみん認定またはプラチナくるみん認定する。

■認証基準の一例
・女性の育児休業等取得率が75%以上であること。
・男性の育児休業等取得が7%以上であること。
・法定時間外・法定休日労働時間の平均が各月45時間未満であること。
・月平均の法定時間外労働60時間以上の労働者がいないこと。

 


愛媛シゴト図鑑掲載認証取得企業
フジレデイ薬局


※詳細はこちらでご確認ください。(厚生労働省HP くるみんマーク・プラチナくるみんマークについてのページが開きます)

企業認定マーク図鑑_地域未来牽引企業

■認証機関
 経済産業省

■制度内容
 地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業を選定する。

■選定の観点の一例
・事業の特徴(地域特性、成長性、新規性、独創性等) 
・経営の特徴(経営者や経営手法の特筆すべき点、労働環境・人材活用の特徴等)
・地域貢献期待(具体的な事業計画等による地域経済への貢献等)

 


愛媛シゴト図鑑掲載認証取得企業
ジャスティンやまと印刷


※詳細はこちらでご確認ください。(経済産業省HP 地域未来牽引企業のページが開きます)

 

インタビュー一覧に戻る
ページトップへ