ジャスティン_インターンシップ

製造業界を支えている
仕事の楽しさを伝えたい

ジャスティン株式会社

〈取材協力〉
企画室総務部/中谷英之さん

まずは中谷さんの普段の仕事について教えてください。

企画室室長と一緒に採用に関すること全般に携わっています。それから、総務として社用車などの備品の管理を行っています。総務は直接の利益をもたらす部門ではありませんが、縁の下の力持ちとなり会社を支えている実感があります。コツコツ計画的に行う総務の仕事は、大学の頃の研究と似ていて自分の性に合っていると感じています。特に今は最高のインターンシップを作り上げるべく、仕事に取り組んでおります。

ジャスティン‗インターンシップについて語る社員

では、そのインターンシップの開催時期を教えてください。

インターンシップは2020年から始めました。学生の皆さんが動きやすい冬と夏に開催予定です。募集はリクナビで行っています。会社が四国中央市ということもあるので交通費を上限はありますが支給しています。

冬は「1day」、夏は「1day」と「3~5日間」の長期インターンシップを用意しています。流れは1dayと長期ともほぼ同じで、長期はより深掘りした内容になります。参加人数は1回当たり3人程度です。すでに参加してくれた学生もおり、当社を深く理解してくださったと手応えを感じております。

インターンシップの内容を教えてください。

まずは、オリエンテーションで当社の業界や、当社の主力製品であるパッキン・ガスケットの説明をします。パッキン・ガスケットは、水道に付いている民生用から、プラントなどで使われる工業用まで使用シーンも様々で実は形状もたくさんあります。

パッキン・ガスケットがなかったり、不具合があると、配管が密封できずに中にある気体や液体が漏れてしまいます。人間に例えると血管が切れて血が流れているのと同じことです。お客様が「パッキン・ガスケットを持ってきて」と頼む時は血を止めてほしいという声掛けだと考えています。

配管のあるところにパッキン・ガスケットはあり、いろいろな業界の製造現場を見えないところで支えているということをお伝えしています。社長も登場し熱弁をふるう予定です。

ジャスティン‗パッキン・ガスケット製品

他にはどんなことをするのですか。

社名の由来でもある当社の経営理念「Just in Just」を理解し、社員が働いている現場を肌で感じてもらうため、社内と工場の見学を行います。Just in Justとは「お客様のご要望にまさにピッタリとフィットする商品や技術、サービスを提供する」という意味の造語です。Just in Justの理念のもと、事務スタッフもCADを使って図面作成を行い「17時までの注文は即日加工・出荷」の体制を整えています。

工場ではCADを使った図面作成から製品加工の流れを体験していただきます。実物のパッキン・ガスケットをスケッチした後、CAD図面を作ります。その図面をもとに加工してもらいます。

1dayでは流れをつかむ程度になると思いますが、長期ではある程度一人でできるようになるのではないでしょうか。自分で設計し、作成した図面から製品ができた時は感動してもらえることでしょう。当社のものづくり企業としての特徴が分かる良い機会になると思います。

また、単独の会社説明会でも好評をいただいている、従業員インタビューを実施します。若手から部長まで、立場の違う社員が登場して普段の仕事ぶりについて話をします。学生の皆さんからも気になっていることを遠慮なく質問してもらいます。

学生と会社の双方のギャップをなくすため、入社直後のイメージができる若手だけでなく、中長期的なイメージができる部長クラスとも交流することが大切だと考えています。提案営業のロールプレイングも行う予定です。

インターンシップをする目的は。

学生に多くの視点と広い視野を持ってほしいと考えています。大企業は世の中にどう役に立っているのかが分かりやすいです。その大企業もたくさんの中小企業が支えています。目には見えにくいですが中小企業もまた社会に貢献しているということを知っていただきたいです。

当社は新しいことにチャレンジする人が多く、社長も社員の成長を重要視しており、成長に合ったステージを用意しています。多くの先輩に会いどんなステージがあり、どんなふうに成長してきたのかを聞いてほしいです。

採用人数の予定を教えてください。

例年2~3人を採用してきました。2021年3月卒業生は5人の予定です。数字はあくまでも目安で良い人がいれば積極的に採用したいと考えています。

ちなみに、採用試験は面接のみで複数回行いますが、なるべく1日で済ませます。

今後、インターンシップでやりたいことは。

機密情報の関係上難しいかもしれませんが、営業同行はぜひやりたいです。それから、本社だけでなく、四国に7ヵ所と、広島、大阪、岐阜、東京にある営業所でもインターンシップを行えると学生の皆さんが参加しやすくなるのではと考えています。

これから就活を行う学生にアドバイスを。

人生の節目となる大切な時期です。自分自身を見つめ直す良い機会でもあります。いろいろな人に出会い、気づきを得て、成長するきっかけにつなげてください。

 

企業DATA

ジャスティン株式会社

http://justin.jp

本社
愛媛県四国中央市川之江町3125-3
TEL
0896-58-4455
設立
1960年3月11日
従業員数
100名
代表者
代表取締役 種田 宗司
事業内容
工業用品の設計・製造及び施工・販売
新卒採用実績
2016年度 2人/2017年度 2人/2018年度 5人/2019年度 1人
この会社の企業情報 インタビュー一覧に戻る
ページトップへ