就活コラム 匿名インタビュータイトル

2018.08.30

就活コラム

就活経験者
匿名インタビュー1

就活経験者

田中 実さん

化学メーカー営業系(2017年入社)
・1994年生まれ・愛媛県出身・県内大学文系学部卒

就活を無事に終え就職した先輩に、自分の就活を振り返り、苦労した点や工夫したこと、就活の先輩から後輩へのメッセージなどを語ってもらいました。

就活で一番苦労したことは何ですか。

スケジュール管理には苦労しました。就職活動中でも大学の授業やアルバイト、企業研究などやることは数多くあります。履歴書の提出やエントリーシートの提出に追われることが非常に多かったです。
スケジュール帳は面接時間の記入や書類の提出期限の記入で真っ黒になっていました。書類の内容はPCやスマホのメモ機能に残して同じような質問に関してはコピーして作業時間を少しでも減らそうとしていました。コピーするだけではなく、内容も少しずつ変えて質の高い文章にしていました。

就活で困ったり悩んだりした時はどうしましたか。

就活をしている友達に話したり、先輩に質問したりしていました。数年前の先輩が経験していた就職活動と皆さんが経験する就職活動は全くの別物です。細かなポイントを見ていけば尚更でしょう。エントリーの仕方やオンラインでの履歴書提出など様々な違いがあります。一つ上の先輩からの情報は貴重です。分からないことはすべて聞き出しましょう。大学の就職支援の方よりも質の高い有力な情報が手に入るかもしれませんよ。

面接時にはどんなことに気を付けるべきでしょうか。

面接に行くと必ず採用担当者と面会することになります。この方たちは数多くの学生を見てきたプロです。その助言や情報は非常に質の高いものです。不安なことや分からないことがあれば、積極的に質問しましょう。
例えば、「印象に残る学生は?」といった、会社以外のことでもいいでしょう。そういった質問は他の面接にも活かすことのできる大事な情報です。
面接時に聞くこともいいですが、待ち時間や面接が終わった後のちょっとした時間に聞き出すことをお勧めします。面接時以外のコミュニケーションは相手に好印象を与える良いきっかけになります。

第一志望に落ちてしまった人に声を掛けるとしたら。

大前提として第一志望の会社に行く人は非常に少ないです。残念な結果になったとしても、それは自分の視野を広げるチャンスです。
私も第一志望に落ちましたが、目線を変えれば地元には良い会社が数多くあることに気が付きました。「知名度=優良企業」では決してありません。
フットワークを活かし、様々な企業説明会や面接に行き、ネットの無機質な情報だけでなく、リアルに体感することを忘れないでください。

インタビュー一覧に戻る
ページトップへ